妊娠すると心身の不調が見られることがあるため、早めに精神科や心療内科を受診したい

几帳面な性格の人に多い

妊婦

カウンセリングが中心になります

妊娠中の女性は、女性ホルモンの働きが活発になるので、体が大きく変化するのが特徴です。赤ちゃんが授かることは、本来はおめでたいことですが、心身の不調が原因でうつになることがあります。妊娠中の女性は、体がむくみやすく悪阻や貧血、便秘などの体の不調を感じやすいです。自分が持っていた妊娠のイメージとは、多少のギャップがあるため、うつ状態になることもあります。放置をしておくと、症状が悪化してしまうので、心療内科や精神科のクリニックを受診するのをお勧めします。妊娠中は胎児への影響があるため、基本的には抗うつ剤は処方しないことが多いです。カウンセリングなどの精神療法を受けることで、辛い症状が改善することもあります。妊娠初期は体調不良になりやすいですし、流産を避けるために外出をしたり、人と会う機会が減少します。分娩に対する不安を持っている人は、妊娠を経験した母親や姉妹、友人などにアドバイスを受けるのもお勧めです。直接会うのが難しい場合は、メールや電話などを利用すると良いでしょう。身近な人に話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になることもあります。うつの症状が重い時は、比較的副作用の少ない抗うつ剤を処方されることもあります。信頼できる医師や医療スタッフが在籍をしている、精神科や心療内科のクリニックがお勧めです。真面目で几帳面な性格の人は、体の調子が優れず、家事や仕事がはかどらないと自己嫌悪を感じる人も多いです。配偶者や家族の協力を得られる場合は、家事を手伝ってもらうことで、負担を減らすことが出来ます。

実家から離れて生活をしている人は、両親や兄弟姉妹の協力を得にくい場合もあります。体調が優れず、家事が出来ない時は、家事代行の専門業者を利用するのもお勧めです。十分な休養や休息が大事なので、適度の娯楽なども楽しむことが大事です。妊娠中にうつになると、精神的にイライラしたり、涙もろくなることもあります。出産に関する不安を持っている人は、市役所の健康推進課の窓口などに相談をすることも大事です。保健師や助産師などが、分娩や赤ちゃんの世話の仕方などをアドバイスしてくれます。女性は男性に比べると、ややうつ病に罹りやすい傾向があります。妊娠中は幸せいっぱいのイメージがありますが、体の変化に戸惑いを感じている人が多いです。肌荒れをしたり、妊娠線が出来やすくなるので、外見に関する悩みを持っている人も多いです。心療内科や精神科の医療スタッフは、親切で丁寧な応対なので、安心して通院が出来ます。インターネットのWEB上から、うつチェックが出来ます。チェックシートは印刷が出来るので、医療機関を受診する時に持参をすると良いでしょう。精神科や心療内科を受診する時は、なるべく配偶者や家族に付き添ってもらうと良いでしょう。精神科や心療内科のクリニックは、心身の不調を感じている人が通院しやすい環境が整っています。妊娠中の女性は、産婦人科の医師に精神科や心療内科に通っていることを、話しておく必要があります。うつ病は適切な治療を受けることで、少しずつ回復してくる病気です。辛い症状で悩んでいる人は、早めに医療機関を受診して下さい。

頭を抱える女性

妊婦が知っておくべき病気

妊娠中は、つわりや出産に対する不安などからうつになってしまうことがあります。自然と治ることが多いですが、悪化する場合は、専門病院でカウンセリングを通じて心をコントロールしたり、マタニティ旅などで妊娠ライフを楽しむなどの行動が必要です。
妊婦

妊婦がなりやすい心の病気

妊娠中は、様々なことが原因でうつ状態になりやすくなっています。対策としては、日の光を浴びる、産科の先生に相談し妊娠中も飲める薬を出してもらう、などです。安定期や産後に自然と落ち着くことが多いので、このようにして乗り切りましょう。
お腹

女性がなりやすい精神病

妊娠中は、出産に対する不安や恐怖、ホルモンバランスの急激な変化、孤独感など様々なことが要因となりうつ病を発症しやすい状態です。症状がひどい場合は、精神科や心療内科を受診しカウンセリングを受けると良いでしょう。また夫の支えも非常に重要です。

Copyright© 2019 妊娠すると心身の不調が見られることがあるため、早めに精神科や心療内科を受診したい All Rights Reserved.