妊娠すると心身の不調が見られることがあるため、早めに精神科や心療内科を受診したい

妊婦がなりやすい心の病気

妊婦

ホルモンバランスの変化による妊娠トラブル

女性が妊娠すると、体内のホルモンバランスが大きく変化し体は母になる準備を始めます。この変化は大変大きく、それによってうつを発症してしまう人も多く、妊婦の約15%程度がこの妊娠うつになると言われています。また、ホルモンバランスの変化以外の要因が、つわりです。つわりは妊娠初期に起こる症状で、常に吐き気がする吐きづわり、常に眠気が襲う寝づわり、においに敏感になるにおいづわりなど種類は様々です。多くの場合安定期に入るころ落ち着くことが多く、それに伴い妊娠うつもその時期に落ち着くことがほとんどです。しかし、人によってはつわりが出産まで続くこともあります。つわりは辛くても薬を飲むことが出来ないため、徐々にメンタルがやられていきうつの症状も悪化してしまうことがあります。妊娠うつはほとんどの場合、長くても出産と共に自然に治りますが、症状に悩む期間が長いと、出産後も治らずマタニティブルーになってしまう人もいます。そのようなことを避けるためには、自治体が運営する支援センターを利用したり、家族や夫に相談したりといった行動が重要です。女性は母になる責任感から、精神の病気であることを認めたくなく、自分を責めてしまう人もたくさんいます。しかし、つわりやホルモンの変化は仕方のないことですので、自分を責めず、まずは赤ちゃんを守るためにも周りを頼って症状を認め、自分が元気になるための努力が必要です。妊娠中は薬の服用は出来ませんが、産科の先生に相談すると妊娠中も飲める弱い薬を処方してくれたり、専門クリニックを紹介してくれる場合がありますので、恥ずかしがらずまずは相談してみましょう。

妊娠中のうつの症状としては、すぐイライラする、無気力になる、涙もろくなる、何をしても楽しいと感じない、などです。特に、お腹の赤ちゃんに対しての愛情が急に憎しみに変わったりしてしまうこともあり、それがさらに自分を責めてしまう要因になることがあります。しかし、憎いと思うのは本心ではなく、すべてはうつが原因です。それで母性がないということにはなりません。自分に湧き上がってくる感情を認めることからうつへの対策は始まるのです。その他の対策としては、出来るだけ日中外に出て日の光をあびる、無理な食事制限はせずたまにはケーキなど甘いものを食べる、体がだるくやる気が起きないときは家事をやらず寝ている、などです。一見普通のことに思えますが、実はこのような些細な対処が非常に有効になります。また、出産前に相談出来る友達を作っておくこともおすすめです。クリニックが開催するマタニティ教室などに参加し、同じ悩みを持つお母さんと交流することは良い刺激になり、辛さを分かち合うことで症状の改善も見込めます。また、出産後に赤ちゃんと行きたい場所やしたいこと、内祝い選びなど楽しいことを考えるのもおすすめです。前向きな気持ちになるためには、やはりお腹の赤ちゃんとの未来を考えるのが良いでしょう。そしてお父さんとなる人は、うつ状態の妻をいたわり、優しく支えてがることが大切です。出産後は何かと忙しく、夫婦二人の時間もとれなくなってくるので、近場でディナーを楽しむ、など気分転換に連れ出してあげるのも良いでしょう。妊娠中のトラブルは、夫婦や家族で支え合い乗り越えていくことが大切です。

Copyright© 2019 妊娠すると心身の不調が見られることがあるため、早めに精神科や心療内科を受診したい All Rights Reserved.