妊娠すると心身の不調が見られることがあるため、早めに精神科や心療内科を受診したい

妊婦が知っておくべき病気

頭を抱える女性

つわりや出産に対する不安によるトラブル

妊娠中や産後すぐは、体の不調と共に心の不調にもなりやすいと言われています。特に妊娠中は情緒不安定になりやすく、うつ状態を発症してしまう妊婦も少なくありません。妊娠中になってしまううつは、初期、後期で原因が異なる場合があります。初期の原因のほとんどはつわりです。つわりは半数以上の妊婦が経験すると言われており、多くの場合つらい吐き気に苦しめられます。このつわりによって日常生活がうまく送れなくなり、ストレスが重なりうつ状態になってしまいます。後期の原因は、出産に対する恐怖や不安です。特に一人目を出産する場合は、陣痛に耐えられるかという恐怖や、子育てに対する不安、子供が無事産まれてくるかという不安など負の感情に支配されがちで、出産予定日が近づくごとにメンタルがやられていくことが多いです。しかし、初期でも後期でも、多くの場合は自然に改善していくことがほとんどです。しかし、中には妊娠初期から出産までつわりが続く人もおり、それに伴いうつ状態も長く続いてしまう人もいます。出産後も続く場合はマタニティブルーや産後うつと呼ばれ、慣れない育児や睡眠不足が原因と言われています。このように妊娠中だけでなく、出産後にも悩む人は多く、症状が重い場合には通院が必要になってくる場合もあります。このような状態をなるべく避けるために大切なのは、自分を母親失格と思わないことです。つわりや不安な気持ちの他、ホルモンのバランスが急激に変化することも、原因の一つであると言われています。ホルモンバランスの変化は仕方のないことなので、自分を責めず割り切って生活するという気持ちが大切です。

うつの症状が重い場合は、心療内科や精神科の受診を勧められる場合があります。そのような専門病院での治療は、カウンセリングが中心となります。抗鬱剤や向精神薬などは、妊娠中に服用すると、出生時低体重や先天性奇形などを引き起こす可能性があると言われているので、基本的には薬の服用はありません。カウンセリングでは、今抱えている不安や症状などを話しながら、専門医と対話を重ね心をコントロールしていくのが目標です。場合によっては助産師や保育士と面談する機会もあり、出産や子育ての現場に近い人と話すことで、より不安を取り除くことに成功する場合もあります。またつわりが主な原因である場合は、妊娠中でも服用できる漢方薬などを処方してくれる場合があります。漢方は効き目に個人差がありますが、服用することで心の安定剤になる役割もありますので、欲しい場合は自ら希望してみるもおすすめです。うつ状態になったときは、一人で家に閉じこもっていると悪化の原因となります。つわりがひどい場合は別ですが、比較的体調が良いときにはなるべく外に出て人と関わり、少しずつ不安を取り除くということを目標に行動してみましょう。また、妊娠中に出来ることを積極的に行うのもおすすめです。かかりつけの産婦人科の先生に相談しながら、マタニティスイミングやマタニティ旅など、積極的に妊娠ライフを楽しむことを考えれば、おのずとうつ状態も改善していく場合があります。新しい家族を迎え入れるのは幸せなことである反面、このようなトラブルも起きやすいものです。夫や家族はうつ状態の妻を責めず、出来るだけ心に寄り添い支えてあげることが重要です。

Copyright© 2019 妊娠すると心身の不調が見られることがあるため、早めに精神科や心療内科を受診したい All Rights Reserved.