妊娠すると心身の不調が見られることがあるため、早めに精神科や心療内科を受診したい

女性がなりやすい精神病

お腹

妊娠に関するトラブルと原因

妊娠中というのは、ホルモンバランスの影響で様々なトラブルが生じやすい状態です。つわりや腰痛などがよくあるトラブルの一例ですが、意外と多いのがうつ病になってしまう妊婦さんです。うつ病とは、様々なストレスが原因で発症する精神病の一種で、情緒不安定になり憂鬱感や倦怠感が続きます。また頭痛や吐き気、食欲不振や睡眠障害など身体的な症状が出ることも多く、ストレスが多い現代、年々患者数が増えている病気と言われています。妊娠中にうつになりやすい理由は様々ありますが、まず一つがホルモンバランスの変化です。赤ちゃんを成長させ母乳を作るため通常以上のホルモンが分泌し、それによって自律神経が乱れてしまうのです。また、きちんと育児が出来るかといった不安や、出産に対する恐怖などが重なりナイーブになりがちなのも理由の一つです。また妊娠を機に仕事を辞めた女性の場合は、急に社会から取り残され家に閉じこもる日々が続き、それがさらにうつ状態を加速する要因になると言われています。それに加え、体重制限やお酒たばこの制限など、制限することが多いためそれがストレスにつながる場合もあります。このような様々な理由から、妊娠中にうつを発症してしまう人が多いのです。決して珍しいことではありませんので、発症したからといって焦るのは禁物です。自分を責めてしまいそうなときは、全てはホルモンのせい、と割り切って生活すると良いでしょう。出産すると綺麗に落ち着くという人も多くいますので、制限生活の中でもなるべくストレスを溜めず、たまに甘い物などを食べてストレス発散しながら上手に妊娠生活を送りましょう。

上手くストレスが解消出来ず症状が悪化する場合は、まずはかかりつけの産科の先生に相談すると良いでしょう。基本的に妊娠中は薬の服用が出来ないため、飲んでも影響のない漢方薬などを処方してくれる場合があります。しかし、それでも良くならない場合は紹介状を書いてもらい専門の精神科や心療内科クリニックを受診すると良いでしょう。専門医とカウンセリングを重ね、心のコントロールをしていきます。治療はカウンセリングが中心となりますが、妊娠中でも服用できる薬を紹介してくれることもあります。また、各自治体が運営する妊婦の支援サービスも利用すると良いでしょう。悩みを聞いてくれるホットラインや、保育士や助産師が常駐しアドバイスをくれる施設などがあります。このような支援サービスは、出産後も利用できるのでおすすめです。出産後は赤ちゃんの世話に追われそのような場所へ行ったりする時間もなかなか取れなくなるので、うつの相談だけではなく、妊娠や出産に関する不安がある場合も利用すると良いでしょう。そして、最も重要なのはお父さんとなる夫の存在です。うつ病になってしまうと、普通に出来ていた家事が出来なくなったり、一日中布団から起き上がれなくなったりしてしまいます。夫は出来るだけ家事を行い、ゆっくり休むよう妻に寄り添いながら支えてあげましょう。不安や恐怖を抱えている場合は、そのことを共有し共感してあげるという姿勢も大切です。出産は女性の一生のうちとても大きな仕事です。無事に新たな家族を迎えられるよう、妻をしっかり支えるように心がけると良いですね。

Copyright© 2019 妊娠すると心身の不調が見られることがあるため、早めに精神科や心療内科を受診したい All Rights Reserved.